FC2ブログ
サクラなしの本当に出会える出会い系サイトの出会い方~出会えないサイトの見分け方~実際に出会ってからの実践までを徹底解説!出会い系を使った出会い体験談も充実!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                      

スポンサーリンク

                     
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ワクワクで出会ったドスケベな人妻との出会い

わくわくメールで出会った人妻の話を書きたいと思います。

いつもの通り、わくわくメールの掲示板へ投稿。




確率を上げる為、ハッピーメールにも同時に投稿。




すると、1通のメッセージが。

「家が近いです!是非一度会いましょう。」

少しやり取りして、なるべくポイントを使いたくなかったのですぐにLINEでのやり取りへ移行。

【相手のスペック】
・人妻39才(30代前半にしか見えない)
・身長155くらい、体系普通。

以下、エミ。

LINEでやり取りしていて、「ごめんね、私実は旦那がいるの」と告白をしてきた。

とりあえず試しに

「罰として、明日家に来なさい!」と言ってみた。

すると

「えぇ~そんな嬉しい罰を与えてくれるの!?」

という事で待ち合わせ当日。

相手は、車で家の近くまで来た。

エミ「着いたよ☆赤い車で着てる」

俺「あ、見つけた。アレっぽい。乗るね。」

初めて車の中で待ち合わせ。

俺「はじめまして~どもどもお邪魔します。」

エミ「はじめまして、ん、写真写り良くない?」

俺「やっぱり?でもエミちゃんもじゃない?笑」

しばらくトークして美人局的要素がないか確認。

そして同時に旦那バレの危険性がどの程度あるか確認。

この子実は、旦那だけでなく長年付き合ってる彼氏もいるらしい。

結果、はやりただの盛りのついた人妻なので俺が数回SEXしたところであまりリスクはないな、と判断。

という事ですんなり家に行く事に。

部屋について、少しお酒を飲みながらトーク開始。

20分くらい話して、甘い感じになってきたのでキス。

チュパチュパと部屋に卑猥な音が響き渡ります。

エミ「キス上手ぅ~、トロけちゃう・・・」

俺「まだ、会って1時間くらいしか経ってないのに。。。エロ過ぎ。そんなにしたかったの?」

エミ「したかったのぉ~ん、いっぱいやってぇ・・・」

俺「じゃぁ、沢山おしおきしてやるから。」

エミ「うれしいぃ~、いじめてぇ~~ぇ♪」

俺は、耳を舐めて息を吹きかえるとエミも「あふぅん!」と声も漏らす。

首筋を愛撫しながら、まずは服の上からおっぱいを揉みしだく。

「あぁ、、いいの、、気持ちいい~ 感じちゃうぅん~」

どんどん息が荒くなるエミ。

愛撫しながら服をゆっくり脱がしていく。

あらわになった生の乳首をコリコリ指で刺激。

我慢が出来なくなってきたので、舌先で乳首の先をころころと転がす。






エミ「あはぁん、、だめぇん・・・気持ち良い!」

かなり感じやすい模様。

確かめるべく、アソコに手を入れるともうグッショグショの大洪水!!

俺「どこが感じるの?ココでしょ??」

と言ってクリをコリコリ刺激。

エミ「ソコソコ、それいい!!好きなのぉ~~~!」

俺「そんないいの!?じゃぁ~もっと激しくコスってあげる。」

エミ「いやぁ~~~~ん、きもっちよすぎるぅ~~~♪」

俺「ホラ、もっと激しくするよ!」

エミ「いやぁ~~ん、イッチャウイッチャウ~~~~!イク!!!」

と喘いで体がビクビク!となった。イッた模様。

続いて中に指を突っ込んで刺激。

エミも俺のチンコをさすりはじめた。

相当チンコが欲しくなっている模様。

俺「チンポ欲しいの?」

エミ「うん、欲しいぃ~♪舐め舐めしたいぃ~」


俺「いいよ、舐めて」

ズボンを少し下ろして、エミがチンポをしごき始めた。

エミ「ふっとい!大きい!!すごい、彼のより全然大きい!」

俺「太いってよく言われるんだよね。これ入れたらスッゴイ気持ちいいよ♪」

エミ「いや~~ん、興奮しちゃう!!」


我慢出来なくなったのか、俺のチンポを咥えだしたエミ。

エミ「やっぱりすごい太い。あぁ~ん、最高・・・このチンチンエロイ~」


ジュポ!ジュッポ!ジュッポジュッポ!!

卑猥な音がリズミカルに暗い部屋に響いた。

エミ「はぁはぁ、もう入れて!!我慢出来ない!!」

俺「よし!ぶち込むぞ!!」

エミ「早く太いのぶちこんで!」


エミは、洪水状態だったので太くて入るかなって思ってたらしい俺のチンポもすんなり入った!!

エミ「ぁ、あぁあああ、すご、すっごぉ~~ぉ!!!おおきい!!気持ちよすぎぃぃいいん!!」

俺「動くよ。」

エミ「はぁぁ~ん、こんなのだめぇ~~ん!彼氏とSEX出来なくなっちゃうぅ!!」


正常位でしばらくガンガンついてから、ソファの上で座位へ移行。

やっぱり座位は、密着間がすごくて奥まで入るからかなり好き。

ディープキスで舌をチュパチュパ吸いながら座位で奥までチンポをぶち込む。

エミ「いやぁはぁぁん、コレすっごい!俺君のふっといのが奥まで入ってるぅ」

エミ「ぁあぁ~~ん、またイッチャう!!」


俺「2回もイッちゃったね。俺もそろそろイッていい?」

と言ってチンポで突き上げながら耳元でささやく。

エミ「いいよぉ~、俺君、なんでそんな女の扱い上手なのぉ~・・・もう俺君とのSEXがないと生きていけなくなっちゃうぅ」


俺は、腰の動きを早めイクモードに切り替えてガンガン突き上げた。

俺「イク、イクよ!!中でいいよな!出すぞ。」

エミ「いいよ!中で出して、大丈夫だから!」

俺「出すよ!!」


奥で大量に射精!!

中で沢山出て、数回チンポがビクビク脈打ってる。

エミ「ぁぁあ、出されてるぅ~~ ビクビクいってるぅ、エロいぃ~」

最近中田氏させてくれる女の多いな、どうかしてるぜ、と思いつつ背徳感のようなものを感じつつ止められんなぁ。

こういう女が沢山いるから、ハッピーメールとか止められません。。。


この後、エミとは完全にセフレ化してしばらく1,2週間に1回体の関係を持つ仲になる事に。

いやぁ、ハピメはさすが!やっぱりサクラ無しのど淫乱女が豊富にいます!!感謝!!




関連記事
                      

スポンサーリンク

                     
2013-02-07 : 出会い系女性体験談 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

サイ

Author:サイ
出会い系大好き人。数々の出会いサイトを渡り歩きリアル・出会い系合わせると経験人数は300人超えました。
もっとヤリたい方の参考になればと思います。

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。