FC2ブログ
サクラなしの本当に出会える出会い系サイトの出会い方~出会えないサイトの見分け方~実際に出会ってからの実践までを徹底解説!出会い系を使った出会い体験談も充実!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                      
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

わくわくで出会った人妻サービスショット

今日はわくわくメールで出会った超エロい人妻のご紹介です。






この人妻わたくし今1年以上セフレ関係を続けています。(以下M子)

M子を月1くらいで呼んでガンガン付いてます。

しかし、やはりこういうタイプの女はメンヘラが多くM子も鬱病らしく薬を飲んでます。

メンヘラなのでメールやLINEも長文で返信がないのに一方的に送ってきたりとかなり面倒くさいです。

面倒くさいとりとめの無い内容は基本既読スルーですが、こういう面倒くさいのが駄目な人は切った方がいいですね。

自分は調教したのでシカとしても問題ないので放流しておいて、適当にやりたい時に呼びつけてます。

相当好かれており、数十万のプレゼント等もくれるのでしばらくは続けて行こうと思ってます。

昨日もHな服を着てくるように呼び出しました。

今回は特別にサービスショットを掲載します!!

谷間画像


かなりエロい服だったので興奮してガンガン突いてやりました。

イキまくってました。w

皆様もわくわくやハッピーメールで使い勝手の良い人見つけてみましょうね。

もちろん本気も全然OK!

◆わくわくメール





◆ハッピーメール





◆イクヨクルヨ




                      
2013-10-01 : 出会い系女性体験談 : トラックバック : 0
Pagetop

出会い系で出会った真面目そうで実はエロい女

今日はワクワクメールで出会った一見真面目そうな女の子のお話です。




いつもの通りにワクワクメールハッピーメールに同時に投稿!!
獲物が捕まるのを待ちます。
早速メールを受信し、いつも通り駅前で待ち合わせ。

すると、黒髪で少しぽっちゃり格好も地味目の真面目そうな女子が来ました。

女子「俺君ですか?」

俺「はじめまして!いや、お世話になります!」(何がだ!?w)

以下、女の子はクミコ。

お店を予約していたので移動することに。

半個室で少し暗めで雰囲気は悪くないお店。

女の子は、某テーマパーク近くのホテルで働いているとの事だった。

真面目で口数もあまり多くなく、会話が盛り上がらないのでカラオケに移動することに。

カラオケは満席で10分ほどロビーで待つ事になった。

会話があまり盛り上がらず俺が詰まらなそうにしているのを察したのか

クミコ「私といて楽しい?」

と聞いてきた。

俺「楽しいよ!つまらなそうに見える?」

クミコ「う~ん、つまらないんだったら帰ってもいいよ?」

なるほど、あまりこの子は自分に自信がないんだな。

俺「そんな事ないから!」

とか話しているウチにカラオケの順番がまわってきた。

何曲か歌ってるうちに距離が近くなってきたの

手を握って自然にキスしてみた。

クミコ「ぁ」

と声を漏らすもそんなにノリノリでは無い様子。

カラオケが終盤になってきたので、駄目元で聞いてみた。

俺「この後家で飲みなおそうよ」

クミコ「えー電車なくなるよ~」

俺「タクシー代出すからきなよ~」

クミコ「いいの??行っても」

俺「いいよ~」

クミコ「じゃ~行こう」

言う流れで俺の家に移動することに。

話をしていると実は同じ大学出身だった。

家について、ワインを何杯か飲んで話しをするうちにまたいい雰囲気になりキスをしてみた。

チュパチュパ・・・

チュ

クミコ「ぁ、ぁ、あ~~ん、なんかエッチぃ」

俺「クミコ、結構エロいよ~」

おっぱいを揉んでディープキスをしているとなんとクミコが衝撃的な発言をする!

クミコ「ねぇ~この家AVとかないの?」

俺「ぇえ!?あるけど・・・なんで?」

クミコ「見ながらしたい。興奮するぅ」

俺「まじエロいね。いいよ!見ながらやってみる?」

クミコ「やった!w」

AVをつけながらクミコにフェラしてもらう。

俺より目線はAV。w

俺「ほら、やらしい。テレビと同じ事してるよ~テレビのオチンチンより大きいけどね」

クミコ「エーローイーーィ、興奮するぅ~」

ジュボジュボジュブジュブ!っと唾液のいやらしい音を立たせながら

美味しそうにチンポをしゃぶるクミコ。

クミコ「ねぇ~AVの子みたいにシテ!!入れてぇ~ん」

俺「よし、AV並みにいやらしく犯してやるから!」

といって十分に赤くそそり立ったチンポをぶち込む。

クミコ「ぁ~あ、すご・・・・先輩きっもちいい!」

俺「ふぅ~ん、実はこういう事したかったの?」

クミコ「したかったぁ~~ん」

俺「いやらしい事想像して来たんだ?」

クミコ「うん、したくてしょうがなかったのぉ~」

俺「最近いつやった?」

クミコ「え~~~~ぇ。。一昨日」

俺「最近だな。w エロい女だな」

クミコ「だってぇ~~・・・したかったんだもん」

俺「一昨日はどうだった?このサイトで会った人?」

クミコ「そう・・・太かったぁ~ん」

俺「(劣等感)このチンポでもイカせてやるからな!!」

奥をガンガン突きながら手でクリをいじってやった。

クミコ「あぁあ~~~ん!!!イッチャういっちゃうー!!!!」

ビクビクびくついて、イッてしまった。

実は、出し入れじゃなくて奥を突く動きを小刻みにした方が女は気持ちいいんですよ。

知ってましたか?

俺も射精しそうな感覚。。今日も沢山出そうだ。

俺「イクぞ!!イク!!!」

クミコ「あぁ~~~~~ん!!顔にぶっかけて!!」

顔面に大量に精子をかけようとチンコを抜いて顔面に持っていった。

ビュー!と勢いよく精子がクミコの口周りにかかった。

自らお掃除フェラをしだし更にビクビクっとイッテしまった。

その後は、やる事もやったのでタクシー代を渡し早々に帰ってもらった。w

ワクワクメールハッピーメールはいいですね!
では、皆さんも楽しいセックスライフを!!

◆わくわくメール





◆ハッピーメール





◆イクヨクルヨ





                      
2013-09-28 : 出会い系女性体験談 : トラックバック : 0
Pagetop

出会い系で出会って軽くヒモになった話

わくわくメールで出会った子だったんですが
セックスフレンドの関係がしばらく続いてから相手が俺にハマってきてしまい困った事になりました。

会う回数が多く金銭的に厳しい、というよりもったいないと思うようになりました。

そこで正直にお金がないとセフレに言う事にしました。
ただ稼いでないと見られると舐められるので、投資に使う分が多いからという風に言いました。
実際株もやってますが。

株や経済の本を読んでるのを知っているので、ギャンブルとは一線を画して形で納得してもらう事が出来ました。

自分より年が少し上という事もあり、会おうって言われてもお金ないよと言うと

「全額出すからお願い、会って!」


という感じになりました。

外食までご馳走してくれて、さらにセックスまでさせてくれるなんて最高のセフレです。

誕生日近くには、高級レストランでの食事とプレゼントまで貰いました。

自分の負担なく美味しい物を食べさせてくれて、エロエロなセックスをさせてくれる
かなり重宝する女が手に入りました。
やっぱりワクワクはエロい女の子が集まってますねo(^-^)o ワクワクッ

◆わくわくメール

                      
2013-09-28 : 出会い系女性体験談 : トラックバック : 0
Pagetop

受付30代前半女の子がどんどん淫乱になっていった話(後編)

受付30代前半女の子がどんどん淫乱になっていった話(前編)の続きです。

この受付嬢とはハッピーメールで出会いました。
やはりサクラがいないので安心して遊べます☆




2人っきりになれる場所、という事でアヤも大人なので当然分かっていた様子。

ラブホテル街に移動し、適当なホテルにチェックインしました。

少し、大きめの胸が白いブラウスで強調されて内心むしゃぶりつきたくてかなり興奮してました。

部屋に着くと適度に薄暗くして、ベッドに押し倒して激しくディープキス。

「はぁ、んん、ぃやん・・・」

チュッッチュッ、チュパチュパ。

厭らしい音が部屋に響きわたります。

白いブラウスの上から念願のおっぱいを揉みしだきます。

結構揉み応えのあるおっぱい!

大興奮です。

「はぁはぁーーーん、気持ちぃぃ!」


白いブラウスのボタンを乱暴に脱がして、むしゃぶりつきました。

チュパチュパ、

俺「おっぱい美味しい・・舐められるの好き?」

アヤ「好きなの~舐められるの好き~~厭らしい音立てていっぱい舐めてぇ」


エッロイなこの子。

俺「じゃ、沢山ペロペロ舐めちゃうよ」

アヤ「いっぱい舐めてぇ~~ん、こっち見てぇ。。いゃぁ~~ん、舐められてる・・・すごいえっち」

アヤ「俺君舐め方エロすぎぃ~~ はぁん、いゃん、気持ちいぃー!」


俺「もうかなり、濡れて着てるんじゃない?触ってみるよ。」

アヤ「ぁぁああ、気持ちいい!!」

俺「すごい濡れてるじゃん、厭らしい子だね。欲しくてしょうがないんじゃないの??」

アヤ「欲しいぃ!!早く~!!」

俺「駄目!俺のも気持ちよくしてくんないと」

アヤ「いじわる~ぅん、でもチンポ舐めたいぃ~」

俺は、手マンでクリを弄りながらギンギンに勃起したチンコをアヤの顔の前に持っていった。

アヤ「わぁ、すごい・・・大きいぃ・・・・お口に入るかな。」


と言ってチンコを加えた。





最初は、早しくペロペロしてたけどその内ジュボジュボ!!っと厭らしい音を立ててしゃぶるようになってきた。

俺「やばい、、、そんな激しくしゃぶられたらすぐイッちゃうよ・・・」

アヤ「えーー、もうイッちゃうの?これからでしょ? ジュポジュップ・・・」


アヤ「もう、、、入れて。我慢出来ないぃ。。あぁはぁん」


俺「よし、そろそろ入れるよ!」

びちょびちょに濡れてたので、ニュルニュルニュルっとすぐにチンポが入った。

絡みつくような締まりのいいマンコ!!

アヤ「ぁ~~~ん、入っちゃった!!すごい気持ちいい~~~!!!」

白いブラウスから適度な巨乳がボロンとはみ出て、俺が腰を振るたびにタプンタプンと揺れてそれがまた興奮する。

グッチュグッチュと動かす度に卑猥な音が響き渡る。

アヤ「ぁぁぁあああ!!すごい、イクイク!いっちゃう!!」

俺「もう、イクの?いいよ、いっぱいイッて!!」

アヤ「ぁぁあああああん、イッグゥ~~~~~---!」

盛大にイッた模様で膣がチンポをキュンキュン締め付けてくる。

俺「俺もイクよ!!出すよ!!」

ピストン運動をマックスに早めて、部屋にパンパン光速で突く音が響き渡る。

アヤ「ぁあーーーん、いっぱい出してぇ!!」


俺はお腹の上に多量の精子を発射!!

ぁ~~気持ちよかったぁ。。。

この子と出会って2年くらい経ちましたが今でもたまに呼び出してハメハメしちゃってます。笑

やっぱりハッピーメールに来る子は、エロくて従順な良い子が多いな。





いつもお世話様です。

                      
2013-04-29 : 出会い系女性体験談 : トラックバック : 0
Pagetop

ワクワクで出会ったドスケベな人妻との出会い

わくわくメールで出会った人妻の話を書きたいと思います。

いつもの通り、わくわくメールの掲示板へ投稿。




確率を上げる為、ハッピーメールにも同時に投稿。




すると、1通のメッセージが。

「家が近いです!是非一度会いましょう。」

少しやり取りして、なるべくポイントを使いたくなかったのですぐにLINEでのやり取りへ移行。

【相手のスペック】
・人妻39才(30代前半にしか見えない)
・身長155くらい、体系普通。

以下、エミ。

LINEでやり取りしていて、「ごめんね、私実は旦那がいるの」と告白をしてきた。

とりあえず試しに

「罰として、明日家に来なさい!」と言ってみた。

すると

「えぇ~そんな嬉しい罰を与えてくれるの!?」

という事で待ち合わせ当日。

相手は、車で家の近くまで来た。

エミ「着いたよ☆赤い車で着てる」

俺「あ、見つけた。アレっぽい。乗るね。」

初めて車の中で待ち合わせ。

俺「はじめまして~どもどもお邪魔します。」

エミ「はじめまして、ん、写真写り良くない?」

俺「やっぱり?でもエミちゃんもじゃない?笑」

しばらくトークして美人局的要素がないか確認。

そして同時に旦那バレの危険性がどの程度あるか確認。

この子実は、旦那だけでなく長年付き合ってる彼氏もいるらしい。

結果、はやりただの盛りのついた人妻なので俺が数回SEXしたところであまりリスクはないな、と判断。

という事ですんなり家に行く事に。

部屋について、少しお酒を飲みながらトーク開始。

20分くらい話して、甘い感じになってきたのでキス。

チュパチュパと部屋に卑猥な音が響き渡ります。

エミ「キス上手ぅ~、トロけちゃう・・・」

俺「まだ、会って1時間くらいしか経ってないのに。。。エロ過ぎ。そんなにしたかったの?」

エミ「したかったのぉ~ん、いっぱいやってぇ・・・」

俺「じゃぁ、沢山おしおきしてやるから。」

エミ「うれしいぃ~、いじめてぇ~~ぇ♪」

俺は、耳を舐めて息を吹きかえるとエミも「あふぅん!」と声も漏らす。

首筋を愛撫しながら、まずは服の上からおっぱいを揉みしだく。

「あぁ、、いいの、、気持ちいい~ 感じちゃうぅん~」

どんどん息が荒くなるエミ。

愛撫しながら服をゆっくり脱がしていく。

あらわになった生の乳首をコリコリ指で刺激。

我慢が出来なくなってきたので、舌先で乳首の先をころころと転がす。






エミ「あはぁん、、だめぇん・・・気持ち良い!」

かなり感じやすい模様。

確かめるべく、アソコに手を入れるともうグッショグショの大洪水!!

俺「どこが感じるの?ココでしょ??」

と言ってクリをコリコリ刺激。

エミ「ソコソコ、それいい!!好きなのぉ~~~!」

俺「そんないいの!?じゃぁ~もっと激しくコスってあげる。」

エミ「いやぁ~~~~ん、きもっちよすぎるぅ~~~♪」

俺「ホラ、もっと激しくするよ!」

エミ「いやぁ~~ん、イッチャウイッチャウ~~~~!イク!!!」

と喘いで体がビクビク!となった。イッた模様。

続いて中に指を突っ込んで刺激。

エミも俺のチンコをさすりはじめた。

相当チンコが欲しくなっている模様。

俺「チンポ欲しいの?」

エミ「うん、欲しいぃ~♪舐め舐めしたいぃ~」


俺「いいよ、舐めて」

ズボンを少し下ろして、エミがチンポをしごき始めた。

エミ「ふっとい!大きい!!すごい、彼のより全然大きい!」

俺「太いってよく言われるんだよね。これ入れたらスッゴイ気持ちいいよ♪」

エミ「いや~~ん、興奮しちゃう!!」


我慢出来なくなったのか、俺のチンポを咥えだしたエミ。

エミ「やっぱりすごい太い。あぁ~ん、最高・・・このチンチンエロイ~」


ジュポ!ジュッポ!ジュッポジュッポ!!

卑猥な音がリズミカルに暗い部屋に響いた。

エミ「はぁはぁ、もう入れて!!我慢出来ない!!」

俺「よし!ぶち込むぞ!!」

エミ「早く太いのぶちこんで!」


エミは、洪水状態だったので太くて入るかなって思ってたらしい俺のチンポもすんなり入った!!

エミ「ぁ、あぁあああ、すご、すっごぉ~~ぉ!!!おおきい!!気持ちよすぎぃぃいいん!!」

俺「動くよ。」

エミ「はぁぁ~ん、こんなのだめぇ~~ん!彼氏とSEX出来なくなっちゃうぅ!!」


正常位でしばらくガンガンついてから、ソファの上で座位へ移行。

やっぱり座位は、密着間がすごくて奥まで入るからかなり好き。

ディープキスで舌をチュパチュパ吸いながら座位で奥までチンポをぶち込む。

エミ「いやぁはぁぁん、コレすっごい!俺君のふっといのが奥まで入ってるぅ」

エミ「ぁあぁ~~ん、またイッチャう!!」


俺「2回もイッちゃったね。俺もそろそろイッていい?」

と言ってチンポで突き上げながら耳元でささやく。

エミ「いいよぉ~、俺君、なんでそんな女の扱い上手なのぉ~・・・もう俺君とのSEXがないと生きていけなくなっちゃうぅ」


俺は、腰の動きを早めイクモードに切り替えてガンガン突き上げた。

俺「イク、イクよ!!中でいいよな!出すぞ。」

エミ「いいよ!中で出して、大丈夫だから!」

俺「出すよ!!」


奥で大量に射精!!

中で沢山出て、数回チンポがビクビク脈打ってる。

エミ「ぁぁあ、出されてるぅ~~ ビクビクいってるぅ、エロいぃ~」

最近中田氏させてくれる女の多いな、どうかしてるぜ、と思いつつ背徳感のようなものを感じつつ止められんなぁ。

こういう女が沢山いるから、ハッピーメールとか止められません。。。


この後、エミとは完全にセフレ化してしばらく1,2週間に1回体の関係を持つ仲になる事に。

いやぁ、ハピメはさすが!やっぱりサクラ無しのど淫乱女が豊富にいます!!感謝!!




                      
2013-02-07 : 出会い系女性体験談 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

サイ

Author:サイ
出会い系大好き人。数々の出会いサイトを渡り歩きリアル・出会い系合わせると経験人数は300人超えました。
もっとヤリたい方の参考になればと思います。

スポンサードリンク

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。